Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

太陽(てぃだ)の名を冠する聖なる泉で、王府時代の重要な聖地のひとつ。南城市知念知名崎(なんじょうし・ちねん・ちなざき)海岸にある泉で、太陽神が降臨した聖地とされています。

テダは、太陽あるいは太陽神を意味します。 国王や聞得大君(きこえおおぎみ)の久高島(くだかじま)参詣のときは、 この泉の前に舟をとめて、航路安全の祈願をしたとも言われています。首里城の東方にある霊地を巡拝する、東御廻い(アガリウマーイ)の行事で訪れる拝所の一つです。今では泉の水は涸れてしまいましたが、聖地であることに変わりなく、 多くの人が礼拝に訪れています。(おきなわ物語より)

~わたしの体験談です~ わたしが神の声(太陽神)のはっきりとした声を聞いたのはこの場所です。 「テダ御川」 琉球の王様が出来る前、テダ御川に太陽神が降臨し、その降臨した後に湧き水を龍神が注いだそうです。

神の時代が終わって琉球に王様が出来ました。 国王や聞得大君が久高島を参拝する際には、 ここで水を補給し、航路安全を祈ったそうです。 わたしはお告げがあった時はカミダーリーで 意味不明な体調不良に高熱。 病院に行っても原因不明で(採血しても異常なし)ある日熱が高いときにメッセージをもらったんです。

白龍神が夢に出てきて 初めて見る場所の上空にプカプカ浮いています。 「神は喉をカラカラにしている。一度会いに行きなさい」 翌朝熱が下がり、何となく南部に向かいました。 空には白龍さんが翔んでます(わたししか見えません) チラチラわたしを気にする白龍。 白龍さんの後をついていくわたし(わたし頭は正常ですよ)。どんどん直進し、白龍さんのあとをひたすらついて行ったら、夢で見た場所につきました。

大きな岩が手前にもありますが門番です。門番にあいさつをして入りました。昔は水が湧き出る泉。今はすっかり枯れています。 そこでテダ御川が言いました。 受け取ったメッセージは 「水を下さいませ。聖なる水を下さいませ」 聖なる水……? わたしにはわからなくて後日の宿題としました。そして、師のカミンチュさんと出会わされ 「聖なる水」の意味を知ります。聖なる水とはわたしの神言葉だったんです。

その後、無事にテダ御川で神言葉を宣言しました。無事に一人前のカミンチュとなったわたしは、 時々神のお使いで御嶽に行きます。 そこでわたしは首を毛虫にかまれ、 首が真っ赤でボコボコで痛いし痒いし泣きそうだったわたしに、テダ御川の声が聞こえました。 「かわいいわたしの娘よ。わたしの水で首を洗え」 テダ御川に向かいました。透明できれいな海水。そこで首を洗って中部地区にある自宅につく頃には…発疹がひいてるのです。翌日には綺麗に治っていました。

寄稿:エジソンの母さま

ルート

Leave a Review

オススメ度を入力→
Publishing ...
Your rating has been successfully sent
Please fill out all fields